【ヘアケア編】年末年始に買っておくべき美容家電

悩んでいる人
悩んでいる人

年末年始に買い物をしようと思うけど、今色んな美容家電がある中で、何を買ったらいいのか不安。。本当にいい美容家電が知りたい!

 

 

こんなお悩みに答えます!

 

髪に使える美容家電を本記事では紹介しています。
年末年始は新春セールがあったりなど、そのタイミングで買い替える方もいるのではないでしょうか??
そんな時に美容のプロが本気でおすすめする、美容家電についてまとめました。

 

 

✔︎記事のテーマ

【ヘアケア】年末年始に買っておくべき美容家電

 

 

✔︎記事の信頼性

シンペイ
シンペイ

3年半美容師をやってきて、現在は4年半以上美容企業にて営業をしています。
僕自身、スキンケアやヘアケアについて取り組み始めて10年で、今では仕事での知識を活かしケアをしていて、美容機器も様々なアイテムを学んでいます。

 

目次

家電を買うなら年末年始が狙いどき

年末年始は家電量販店や、ECサイトで通常よりもお得になっていることが多いです!

いつもだと中々高くてすぐに買えなくても、年末年始だと安くなったり、ポイントを多くもらえるので、何か買おうと考えている方は狙いどきです。

また、今では楽天スーパーセールなどもやっているので、随時そういったタイミングは調べておくといいと思います。

 

実際に僕も、家電はお得なので年末に買うことが多いです。。

 

 

ヘアケアができる美容家電は何がおすすめか?

ヘアケアのできる美容家電と言っても、どんなアイテムが欲しいのかによっても変わってきます。

まずは、どんなジャンルの美容家電があるのかを紹介していきます⬇️

 

セルフヘッドスパ機器

美容室で体験ができるヘッドスパ。

『気持ち良い』『根本のボリュームが気になる』『リラックスできる』と言ったような効果がヘッドスパにはあり、できるなら行くたびにしたいですよね。

ただ、お金もかかるし、時間もかかって中々ヘッドスパを受けるのは厳しい時に、自宅でも同じような効果が得られるのが、『セルフヘッドスパ機器』です。

 

セルフヘッドスパ機器は、“人の手指のような動きやアタッチメント“や、“お風呂場でも使える“などのメリットがあるので、1度購入することで、疲れた時や時間のある時に、気軽に美容室のような“ヘッドスパ“を体験することができます!

シンペイ
シンペイ

お風呂場でも使えるので、湯船に浸かりながら音楽や動画を見ているときに、頭皮のマッサージをすることで、ながら美容をすることもできて、時間がない方には最適です!

 

ドライヤー

最近のドライヤーはかなり進化しています!

今までのドライヤーは“髪を乾かす““マイナスイオンが出る“などの機能がメインで、基本的には乾かす機能しかありませんでした。

 

最近出ているドライヤーは、乾かす機能に加え“速乾性““熱ダメージ抑制““乾かす程、髪が綺麗になる““育毛効果を与える“ものなど、毎日使うドライヤーだからこそ毎日使うことで傷まなくて、逆によくなるドライヤーも多く出てきています!

 

ヘアアイロン

ドライヤーと同じように、ヘアアイロンやコテも大きく進化しています!

毎日使うと熱ダメージによって髪がどんどん痛んでしまい、“色落ち“や“ダメージ“、“ぱさつき“が出てしまっていた、ヘアアイロンが今では、全く痛まないで綺麗に巻いたりストレートにすることができます!

 

シャワーヘッド

実はシャワーヘッドも美容家電として多く販売しています!
有名なところで言うと、リファのシャワーヘッドは有名です。

 

シャワーヘッドを変えることによって、“節水“、“毛穴の汚れが取れる“、“保湿“などの効果が得られます。
実際に僕も購入したシャワーヘッドを使っていますが、やはり元々設置されているシャワーヘッドよりも、節水ができて水量も上がっているのでおすすめです。

 

ジャンルごとのおすすめ美容家電

 

自分のお悩みや欲しいものに合わせて選ぶ必要がありますが、その中でもジャンル別に沢山の商品があるので、ジャンルごとに美容営業マンが本気でおすすめしました!

 

myse ヘッドスパリフト

セルフヘッドスパ機器で特におすすめで、家電量販店にも置いていながら、美容室でも取り扱っていて美容のプロがおすすめする中でも、特にリーズナブルで効果も高い製品です。

 

“頭皮マッサージとフェイスマッサージの両方をケアできる!“

この2つが出来ることで、まるでサロンに行ってスパを受けたかのような実感があります!
さらに頭皮用とフェイス用でアタッチメントが違うので、衛生的にも安心して使用できます。

 

雑誌などのメディア露出も多く、雑誌の“VOCE“【2020年上半期 美容家電ベスコス2位を獲得しています!

 

特徴

・頭皮用アタッチメント
先端に324本の突起があり、1分間に約57,600回の刺激を与えてほぐしていきます。・フェイス用アタッチメント
人の指をイメージした形状で、固まりやすいお顔〜デコルテや、首にも使用できます。

 

効果

凝り固まった、“お顔“や“頭皮“をもみほぐすことにより、

・血行改善

・リラックス効果

・育毛効果

・白髪改善

自宅で、簡単に美容室でヘッドスパを受けた時のような、気持ちよさやリラックス効果を得ることができるアイテムです。

 

✔︎ヘッドスパリフトの商品リンク

 

 

レプロナイザー3Dplus

ドライヤーは本来、乾かすと水分が蒸発し、タンパク変性してしまいます。
タンパク変性してしまうと『髪が硬くなる』、『パサつく』、『艶がなくなる』などのデメリットがあります。

レプロナイザーには“バイオプログラミング“という独自の技術があります。
“バイオプログラミング“によって、水分を髪のタンパク質に集めながら乾かすことができるので、乾かせば乾かすほど髪が潤っていくドライヤーです!

 

特徴

・バイオプログラミングという独自の技術で、ドライヤーの“痛む“概念から、“ケアする“概念へ

・乾かせば乾かすほど、“艶やか“で、“潤い“のある髪になる

・頭皮にも効果があり、“リフトアップ“や“頭皮の乾燥を防ぐ“効果もあります。

 

効果

・髪が艶やかになる

・手触りがしっとりする

・毛先がまとまり、根本のボリュームも出る

・使えば使うほど、髪が綺麗になる

注意点としては、金額が少々高いのと、レプロナイザーを使うだけで、髪を綺麗ににできるので、“1度使うと普通のドライヤーに戻れなくなる“ことがデメリットですね。。

 

✔︎レプロナイザー3Dplusの公式商品リンク

 

 

 

ヘアビューロン3Dplus

レプロナイザーと同じリュミエリーナ社から出ている、『ヘアビューロン』。

こちらもドライヤーと同じように、ダメージの原因であるヘアアイロンやコテによる熱ダメージが起きない魔法のアイロンです。

特徴

・バイオプログラミングという独自の技術で、アイロンの“痛む“概念から、“ケアする“概念へ

・アイロンを通せば通すほど、“艶やか“で、“潤い“のある髪になる

・電源がついていない時に、肌に当てておくことで“リフトアップ“効果もある

・低温でも形がつきやすい

・熱ダメージがない

効果

・髪が艶やかになる

・手触りがしっとりする

・髪が硬くならない

・使えば使うほど、髪が綺麗になる

レプロナイザーとヘアビューロンに関しては、芸能人でも使っている人が非常に多く、その商品の良さは間違い無いです。

髪が痛みやすい方や、髪が硬くて扱いずらい方、毎日ヘアアイロンを使う方は他の美容家電よりも、このどちらかを優先して欲しいぐらい、ドライヤーやアイロンの常識を変える製品です!

 

✔︎ヘアビューロンの公式商品リンク

 

 

ハンディーシャワーIO霧

美容室で使う美容機器で多い『クレイツイオン』から販売しているシャワーヘッド。

“ミストで洗う新習慣“とのことで、マイクロバブルよりも更に細かい『ウルトラファインバブル』により、毛穴に詰まった微細な汚れも取ることができます!

 

特徴

・ウルトラファインバブルで肌に優しく汚れを取る

・肌への負担を軽減するミストモード

・節水能力が高く節水率が40〜70%

・全部で5つのモード

効果

・水道代が抑えられる

・IO霧にするだけで肌の汚れが取れる

・価格が良心的

・頭皮の汚れもしっかり取れる

リファのシャワーヘッドもかなり有名ですが、価格が高くてシャワーヘッドにそこまで手を出しづらい中で、非常に手に取りやすい価格で、効果も高いです。

 

ヘアケア、スカルプケア、フェイスケアをシャワーヘッドを変えるだけで、同時に叶えることができるのでおすすめです。

 

✔︎IO霧の公式商品リンク

 

 

美意識を高めると日々の生活も楽しくなる

年末年始におすすめの買っておくべき美容家電についてまとめました!

正直、美容家電は他に安いものでも十分代用のできるものがほとんどですが、今回紹介したような、本来の機能に更にプラスαで、髪の毛を綺麗にしてくれる製品が増えています。

 

こういった製品を使うことで、髪がぱさついたり、頭や目が疲れているなどのストレスを軽減することができ、更に自分の美意識は上がります。
毎日自分の髪が綺麗でいるだけで、気分が上がり前向きな気持ちになります!

 

年末年始に美容家電を買いたいと思っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください✨

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる