【UV対策は4月から】春は夏の紫外線量とほとんど同じ?!【UV カットスプレーおすすめ5選】

悩んでいる人
悩んでいる人

UV対策とか日焼け止めを買うのって夏でいいのかな?
ドラッグストアでは3月から売り始めていて、3月から使うのは早い気がするけど実際どうなんだろう。

シンペイ
シンペイ

本記事では日焼け止めはいつから使ったらいいのか分からない方や、おすすめのUVスプレーが知りたい方に答えていきます。

実は肌の老化は、年齢よりも紫外線による影響の方が大きいと今では言われています。
UV対策をするかしないかで将来の肌が若々しい状態で保てるかや、髪の褪色が早くなるかが変わってきます。

肌にはもちろんのこと、髪にも使いやすいUVカット製品を紹介しています!

✔︎本記事の内容

・UV対策を始めた方が良い時期
・UV対策をしないと起こるデメリット
・UVスプレーのおすすめ製品まとめ

✔︎本ブログを書いたヒト

シンペイ<br><a href="https://twitter.com/yutoribiyou">@yutoribiyou</a>
シンペイ
@yutoribiyou

✔︎美容ブログを運営中

✔︎元美容師→源美容系会社員

✔︎スキン・ヘアケアを男女向けに記事を発信

それでは解説していきます!

目次

UV対策を始めた方が良い時期

UV対策をし始めた方が良い時期は”4月”です!

悩んでいる人
悩んでいる人

えっ!紫外線って夏に強いのは分かるけど、何で4月から始めた方がいいの?

シンペイ
シンペイ

吹き出し実は4月の紫外線量は夏とほとんど変わらないんです!

⬇︎こちらは各月の紫外線の強さと量をグラフにした図です!

出典:shiseidoo

この様に4月は夏よりも少しだけ少ない程度で、ほとんど変わらない量が注がれています。

なのでテレビCMで流れ始める時期や、ドラッグストアで売り出されるのも3月頃から並び始めるので気にしてみてみると面白いです!

ただし基本的には年中紫外線は注がれているので、肌をいつまでも美しく保ちたい方は冬でも日焼け止め入りのメイク製品やUVスプレーでケアをすることをおすすめします!

UV対策をした方が良い理由

『紫外線を若い頃に良く浴びると、将来シミができやすい』というのは何となく聞いた事があるかと思います。

シミができるのも一つの影響ですが、他にも肌の弾力が失われてしまう原因ともなっているのです。

悩んでいる人
悩んでいる人

紫外線って聞けば聞くほど怖くなってくる。。

シンペイ
シンペイ

紫外線は対策をしないと危険です!

この画像はアメリカのタクシー運転手の画像で、片方は窓側の肌で毎日紫外線を浴び続けた結果の状態です⬇︎

kenjiro_RICCA✂︎ - 紫外線の影響は肌だけじゃない⁈ - Powered by LINE

紫外線は日焼けやシミができてしまうだけでなく、
他にも肌へのデメリットは多く、むしろ他のデメリットの方が深刻です。

・シミの原因
・シワの促進
・肌のたるみの原因
・髪にダメージを与える
・ヘアカラーの褪色を早める

紫外線は毎日知らずに浴びてしまっていますが、数年後にその影響が表面化してきます。

紫外線は肌にも髪にも悪影響を与えてしまうので、紫外線対策が必要です。

UV対策を始めた方が良い時期

吹き出しUV製品は毎年いつから使い始めますか?

吹き出し夏が近づいてきたら使い始める事が多いかな。。

夏になると日差しも強くなるので、梅雨明けぐらいから使い始めるイメージですよね。

実際には、紫外線は年中注がれているので、1番良いのは365日使用する事が理想です。

吹き出しモデルさんは毎日欠かさず使っているって言いますよね!

ただ『そんな毎日使ってられない』というのがほとんどかと思います。

なので紫外線が多く注がれ始める時期〜少なくなるまで使用するのが良いと思います。

その期間は3月末〜11月に入るまでが大体の目安です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 180507_skin04_02_r.jpg
出典:shiseidoo

紫外線は4月から急激に増えて5月にはほぼ夏と同等の紫外線量になります。

3月からテレビCMでUV製品が流れ始めたり、ドラッグストアの入り口にコーナーができるのは、UVの量が急激に増え始める時期の目前だからです。

ただ真冬でも真夏の3分の1程は紫外線が注がれているので、簡単にできるUVスプレーだけでも使うのがおすすめです。

雨や曇りの日にUV対策は必要?

結論必要です。

晴れの日に比べて、

・曇りの日は約50%
・雨の日は約20〜30%

と言われています。

特に梅雨時期は雨の日が多く湿度も高いので、特に肌に塗るタイプの日焼け止めを使わなくても良いかなと思いますが、むしろ使わないとどんどん肌が紫外線によって、老化していってしまいます。

雨の日にもスプレータイプの日焼け止めは使いやすいですが、

この後紹介する製品の中に湿気による【うねりや広がり】を防ぐこともできるUVスプレーもありますので、気になる方は後半をみてみてください!

紫外線はなぜ肌に悪い影響があるのか

紫外線はUVAとUVBの2種類に分けられます。

肌に与える影響の違いとしてはこちらです⬇︎

UVA・・光老化=シミ、シワ、たるみ

UVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻。浴びたUVAの20-30%が肌の奥の真皮層にまで達すると考えられており、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えます。
その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失い、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。UVAはさらに、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。紫外線によって生じるシミ、シワ、たるみは「光老化」と呼び、肌老化の3大特長と言われています。

<UVAの特長>
・波長が長く、表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届く
・雲や窓ガラスを通して肌まで到達する
・赤みや炎症が起きにくいので気がつかないことがある
・日常生活を送る中で「うっかり日やけ」をしやすい
出典:日本ロレア

UVB・・日やけ、シミ

UVBは、全紫外線の約5%を占めます。おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

<UVBの特長>
・波長が短く、表皮に届く
・屋外での日やけのおもな原因
・肌に強く作用し、多量に浴びると赤く炎症を起こす
・海やリゾート地などでの「レジャー日やけ」の原因となる
出典:日本ロレアル

この様に日焼け止めをする理由は、UVBの日焼けやシミを防ぐ為に使う事が多いですが、最近はUVAによる肌の光老化の方が、肌に与える影響が深刻なのでUV対策は非常に大事と言われています!

シンペイ
シンペイ

紫外線はいつの間にか肌を老化させていたんですね。。

おすすめのUVスプレー5+1選

UVスプレーも様々なメーカーから発売されており、それぞれ特徴があります。

UV製品を選ぶ際の注意点は【SPFとPAの値】は把握しておく必要がある事です!

PA・・UVAを防ぐ効果

SPF・・UVBを防ぐ効果

それぞれ

・PA++++
・SPF50

この数値が最大値で数字が大きく、+が多い程紫外線を防ぐ力が強いです。

以上を踏まえて、美容室で取り扱っているUVスプレーを5つ紹介していきます!
美容室専売品は市販品に比べ、成分も良く肌への負担が少ないです。
また番外編でクリームタイプのご紹介も一つしていますので、最後までご覧ください!

サロン専売品の場合は、UV対策の効果に+αで髪や肌に良い効果がある製品が多いので、それぞれ解説していきます。

ウエラ ルミナススプレー

ウエラ カラーモーション+ ルミナススプレー 200ml--のヘアケア通販
出典:abcstore

SPF30

個人的に2021年に最もおすすめしたいUVスプレーです。
髪専用のUVスプレーとなるので、PAによるUVA防止の効果はございませんが、SPF30でも約8時間ほどあるので特に困ることはありません!

✔︎ルミナススプレーの特徴

・UVカット効果
・熱から髪を守る効果
・まとまりキープの効果
・シリコンではなくオイルベース

一押しの理由は特にUVカット効果の他の効果が優秀すぎる所ですね。

特に熱から髪を守る効果が優秀で、カラーをしている方で普段アイロンやコテを使う方は必須レベルです…!
カラーの色はアイロンの高熱で色が飛んでしまいやすく、褪色の大きな原因となります。
ルミナススプレーを髪にスプレーしてから、アイロンをすることによってカラーの色がかなり飛びにくくなります!

更に、これから湿度の高い時期に入っていきますが、髪に湿気は大敵ですよね。
湿気に触れると髪の毛は広がりやすくなったり、カールが取れてしまったりしますが、ルミナススプレーは湿気からも髪を守ってくれます。
このまとまりキープの理由は、シリコンではなくオイルベースの成分となるので、水分を弾く効果が高く艶感や指通りも非常に良いのが特徴です!

1本4役も叶えてくれる【ルミナススプレー】おすすめです。

ナプラ ミーファ

MIEUFA
出典:ナプラ

N.で有名のナプラから発売している『ミーファ』は香りが5種類と無香料があり全6種の中から好みの香りを選んで、フレグランスUVスプレーとして使用する事ができます。

✔︎ミーファ種類

マグノリア・・オレンジの香り、消臭
クリア・・無香料、保湿
シーソルト・・ホワイトムスク、保湿、ツヤ
テンダーリリィ・・ピーチフラワー、ベルガモット、保湿、ツヤ
シェリーサボン・・フローラル、ムスク、保湿
フレッシュマンデーモーニング・・レモン、ジャスミン、アンチポリューション効果

種類が豊富なので、自分の好みの香りに合わせて使えるので人気の製品です!

価格も1200円なので購入しやすいのもポイント!

デミ ハレマオUVスプレー

Halema'o ハレマオ
出典:デミ

SPF50+ PA++++

デミのクールシャンプーブランド『ハレマオ』から発売しているUVスプレー。

ハレマオUVスプレーは香りが3種類あり、好きな香りを選んで使用する事ができます!
ハレマオは臭いケアが優れていて、汗やタバコの臭いなどを消臭・防臭してくれる効果があるので、夏場は特におすすめです!

✔︎ハレマオUVスプレー種類

UVカットスプレー KS・・キウイ&スペアミントの香り

UVカットスプレー LP・・ライム&ペパーミントの香り


UVカットスプレー CR・・カシス&ローズマリーの香り

ミーファとは違って、全て効果は一緒なので香りの違いで選ぶ製品です。

また、ハレマオの価格も1320円とお手頃価格です。

セフィーヌ UVカットシャワーアロマガード

UVカットシャワー アロマガード UX
出典:セフィーヌ

SPF50+ PA++++

セフィーヌのUVカットスプレーは「紫外線吸収剤」不使用のノンケミカル処方で、敏感肌の方やお子さんにも安心して使う事ができます!

さらに、アンチポリューションの効果もあるので、花粉やウィルス、ほこりなどから髪や肌を守ってくれます。

香りはレモングラス、ティーツリー、ラベンダー、イランイランなどの天然アロマで蚊や虫を寄せ付けない効果も期待できます。

なのでこのUVスプレーは子供がいる方におすすめです。

リアル科学 ノティオモイストバリア

NOTIO Moist Barrier
出典:リアル化学

SPF50+ PA++++

この製品は【UVカット+湿気から髪と肌を守る】効果があるので、UV対策と一緒に湿気が多い日でも髪がうねったり広がったりしにくくしてくれる製品です!

リアル科学はノティオというスタイリングシリーズが人気で、そのシリーズから追加で発売された製品で、UVカット効果はもちろんですがモイストバリアは髪にも肌にも”耐湿効果”を与えてくれるUVスプレーです。

なので、湿度が高い梅雨時期や汗をかいて髪がうねりやすい夏に使う事で、髪がうねりにくく広がりにくくしてくれるおすすめのUVスプレーです。

香りはビターオレンジの香りでどんな方にでも使いやすい香りです。

【番外編】アレクサンドル レジスタンシエル リュミノシオンUV

出典:アレクサンドル

SPF50+ PA++++

アレクサンドルはロレアルが有するメーカーで、世界でもトップの美容企業の研究で作られているのが【アレクサンドル】です。

同じロレアル内に【ランコム】という百貨店向けメーカーがありますが、そのランコムと内容成分がほとんど同じです。

ランコムの価格帯は1万円を超える製品が多いですが、アレクサンドルの価格帯は5千円前後の製品がほとんどです。

価格が大きく違う理由としては

・百貨店に置いている
・パッケージの高級感の違い

なので、ランコムと同じほぼ成分でコスパ良く良い化粧品を使用する事ができるメーカーです。

このアレクサンドルから発売しているおすすめのUVカットの製品は、【レジスタンシエル リュミノシオンUV】という乳液タイプのUV製品です。

SPFとPAは国内最高値で防ぎながら、ロレアル特許成分の【メギゾリルSX】【メギゾリルXL】が入っております。

この2つの成分が入ることにより、他社製品よりも更に光老化の原因となる”UVA”から肌を守ってくれます。

肌を紫外線からとにかくしっかり守りたい方にとっては、間違いなくこちらがおすすめです!!

このUV製品はどこで買えば良いの?

上記で紹介しましたUV製品は、美容室専売品は全て基本は美容室での店頭販売となります。

しかし美容室によっては置いていない製品も多く、意外とUVカットができる製品を置いている美容室が少ないのも現状なので製品目当てで美容室を探すのは困難です。

そういった時は、通っている美容室の担当の方に聞くことをおすすめします!

お店で取り扱いがなかったとしても、取り寄せることは可能かもしれないので待つことに抵抗のない方は、1度美容師さんに聞いてみると良いですよ!

もし取り寄せられなかったり、時間がかけずに買いたい方には、ネットでも美容室専売品を正規品で購入できるのでそちらでの購入をおすすめします。

そちらにもない場合は、なるべく評価の高い所からネットで購入することが安心してネットで購入できるポイントです。

⬇︎正規品販売店⬇︎

【正規品】ナカノザダイレクト 【正規販売店】ビューティパーク

上の二つのサイトは、正規で行っている販売店となります。
できればこちらから購入した方が安心です。

UV対策は4月から始めよう!

UVによる肌や髪の影響は中々気付きにくいです。

見えないダメージは後から大きくなって目に見えて現れるからこそ、
今のうちからUV対策をすることで光からの老化を防いでいきましょう!

10年後にUV対策をしている人と、していない人では大きく肌や髪の状態が変わってくるので、まだUVカット製品を購入されていない方は参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる