【冬】手荒れに悩む人へ【原因・対策まとめ】

 

悩んでいる人
悩んでいる人

冬になると毎年手荒れして、手が“ガサガサ“になったり“ひび割れ“して痛いし綺麗な手でいたい。。
手荒れの原因と対策が知りたい。

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

僕自身、美容師時代に手荒れが激しくて正しい対処方法がわからないまま、自己流でやってしまって治らなかったり、薬を間違った使い方をして副作用で精神的に落ち込んでしまった事があります。

本記事を読むことで、毎年手荒れに悩んでいる方に向けて、原因と対策方法を知ることができます!

 

 

✔︎本記事のテーマ

【冬】手荒れに悩む人へ【原因・対策まとめ】

 

 

目次

手荒れをする原因

手荒れには様々な原因があります。

特に冬は乾燥する時期なので、手荒れをする方も多いのではないのでしょうか。

そんな手荒れをしてしまう原因はこちらです⬇️

 

・乾燥して水分が空気中に逃げて、痒みが出て炎症が起きる

・洗剤の洗浄成分が強く、手に残ってしまい痒くなって荒れる

・アルコール消毒で、水分が揮発してしまい乾燥して荒れる

 

乾燥して水分が空気中に逃げて、痒みが出て炎症が起きる

冬の時期には特に乾燥して手が荒れますよね。

冬の時期は湿度が低く、手や肌、髪からも水分が空気中に奪われてしまいます。

 

水分が逃げることによって、“手が乾燥“してしまい“カサカサ“したりひび割れていったりしてしまいます。
さらに、乾燥することによって、痒みが出てきて、かいてしまうことで、手の必要な角質が剥がれてしまいバリア機能がなくなって、炎症が起きてしまいます。

 

 

洗剤の洗浄成分が強く、手に残ってしまい痒くなって荒れる

美容師が手荒れする原因の一つとして、シャンプーの洗浄成分が原因で手荒れしてしまいます。

日常生活の中であれば、1日に1回のシャンプーであれば問題ないですが、気をつけなければいけないのは、食器用洗剤です。

 

食器用洗剤はしつこい油汚れをガッツリ落としてくれる分、非常に強い洗浄成分を使っています。

僕も現在食器用洗剤で指の間が炎症していますが、お皿を洗うときは手袋をつけて洗いましょう。

 

アルコール消毒で、水分が揮発してしまい乾燥して荒れる

特に今コロナウィルスの影響でどこに行っても『アルコール消毒』をしなければいけません。

 

アルコールは一瞬で揮発する性質があります。
その揮発してしまう時に、一緒に水分も揮発させてしまうので、アルコールを使うと水分がどんどんなくなってしまい、乾燥してカサカサして荒れてしまいます。

 

ただ、このご時世アルコールを使わないわけにもいかないので、しっかり消毒をした上で、ハンドクリームをその都度塗るなどの対策が必要です。

 

 

手荒れ対策まとめ

手荒れをする方は必ず、『ハンドクリーム』を使っているかと思います。

ただ、普通のハンドクリームを使用してもカサカサ感がなかなか拭えないですよね。。

 

そういった時の、対策方法についてご紹介します⬇️

 

 

プロ仕様のハンドクリームを使う

市販のハンドクリームの場合、肌のコーティングはできても肌内部をしっかり潤わすことは中々難しいです。。

そういった時に、看護師の方や美容師の方のような、頻繁に手を洗ったり、消毒したりする方用のプロ向けのハンドクリームがあります。

 

プロ用のハンドクリームの場合、洗浄成分から守る力が特に強かったり、補修成分や抗炎症成分が高濃度で含まれています。

 

なので、価格は市販で売られているものよりも少々高いですが、それを使うことで『カサカサ』『ひび割れ』を気にせずに生活できるなら、僕は一つは持っていても良いかなと思います。

 

✔︎美容師向けハンドクリーム ナノアミノ 商品リンク

 

 

 

手にたっぷりと水分を与える

エステや美容室のメニューでもたまに見かけると思います。
『ハンドパック』をすることで、乾燥した肌にたっぷりと“美容成分“や“水分“を与えることができます。

 

自宅での一般的なケア方法は、ハンドクリームやボディクリームですが、お肌もパックをすることで肌が潤ってもちもち肌になるように、ハンド用のパックも売られています!

ハンドパックを週に1回やりながら、普段はハンドクリームで保湿ケアをすることで、手荒れをしにくくなります。

 

美容室やエステ向けに出ている、ビューティワールドのハンドパックは、両手で約230円で、ベストセラーでもありつつ、1番人気のハンドパックです。
自宅で簡単にケアができるので、感想が特に気になるときは手の集中ケアをしてみてください!

 

✔︎ビューティーワールド ハンドマスク 商品リンク

 

 

 

病院に行って薬を処方してもらう

実際に僕は美容師時代に手荒れで悩んでいたときに、病院に行って薬を処方してもらっていました。

これは確実に言えます。
本当に手荒れで悩んでいて、すぐに直したい方は病院で薬を処方してもらうことが1番早いです。

 

あくまでも、手がカサカサするな〜って時はプロ用のハンドクリームやハンドパックをするだけで、ある程度は改善されます。

ただし、ひび割れをしてきたり、かきすぎて血が出たり、してしまった時には病院の薬が1番です。

 

ただし薬は効きがいい分、使用方法にはご注意ください。
医師の言っている用法容量は守りましょう!

 

僕自身、当時に用法容量をあまり聞いていない状態で、『ステロイド』の中でもかなり強い飲み薬を使用していました。
僕の手は手がパンパンに炎症で腫れていて、指先や爪下も皮膚が剥がれている状態でした😱

その状態からでも、ステロイドを毎日飲んでいたら本当に綺麗にすぐなりました。

 

ただ、その薬は本来、週に1度の使用だったので副作用が激しく出てしまい、病むことになってしまいました。。

 

なので、もし『すぐに治したい!』という場合でも、医師の言うことはしっかり聞いて正しい使用法と正しい容量で使えば、必ず綺麗になりますし、副作用もあまり出ないと思います!

 

 

手荒れ対策をするなら、“気になりだす前“から

手荒れに関する、原因や対策について書きましたが、肌に違和感を感じ始めてからだと、若干遅いです。。

お肌もエイジングケアのCMは今では20代の女優さんがモデルになっていたりなど、事前にケアをして“いつまでも若々しい姿を保ちましょう!“というメッセージ性があります。

 

同じように手のケアも、乾燥が気になる前からハンドクリームを使い始めるなどの事前対策をすることが、手荒れに対する1番の予防になります!

 

まだ乾燥対策は今からでも遅くないので、毎年冬の時期に乾燥が気になる方は今のうちからハンドケアを始めていきましょう!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる